血糖値が気になったら食物繊維やサプリメントを利用してみる

   2016/08/24

食物繊維は便秘を改善し腸の病気や生活習慣病、肥満、虫歯などを改善する働きがあります。

六番目の栄養素とも言われるようになって食物繊維は、健康に欠かせない栄養素になりつつあります。

大まかに、水溶性と、不溶性の2つの食物繊維があります。

水に溶けるほうが水溶性の食物繊維で、保水力の高さが特徴といえます。栄養の消化や吸収を穏やかにするために、高血圧の予防にもなり、体内の有害物質の排出もしてくれる効果が期待できます。

水溶性の食物繊維は、果物やこんにゃく類、海草類などに含まれています。

リンゴのペクチンや、こんにゃくのマンナンはその代表例てす。

近年では、多くの人が健康のためや、美容のために、食物繊維を摂取できるサプリメントを利用しています。

近年注目されている難消化デキストリンも水溶性の食物繊維として人気があるサプリメント商品です。

食物繊維

水溶性にも不溶性にもメリットがある

腹持ちのいい食事をしたければ、不溶性の食物繊維を摂取してみてください。

水分を吸って膨張するタイプの食物繊維です。

不溶性食物繊維は、水分を吸収して大きくなるので、排便を促す作用や、やわらかく大きい便にする作用があります。

血糖値を下げるには水溶性の食物繊維を摂取すると良いということはよく知られています。

糖の吸収をゆるやかにするために、水溶性食物繊維がまず糖と結びつくことで、体がすぐに糖を吸収してしまわないようにできます。

サプリメントで食物繊維を摂取することで、食事のみでは欠乏しがちな食物繊維を、確実に体内に取り入れることができます。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket